正社員

俺の会社ありえなさすぎだと思うんだけど普通なの?wwwwww

1: 2015/09/05(土)19:13:59 ID:ava
給与明細がない、国民保険から切り替えの話すら来ない
給料日に給料が振り込まれない、金曜日の3時以降に振り込むと月曜日に振り込まれることを知らない
社員の年金番号を知らない、残業代は出ない、出張に次ぐ出張は当たり前
社長を初め役員が名前だけ(実質のトップは別にいる)

続きを読む

これが社会人の平均的な1日らしいぞwwwwwwwwwwww

1: 2015/08/24(月) 19:07:42.894 ID:+lW/avyK0.net
7:30 起床
8:00 支度を済ませ出勤
8:05 近くのコンビニで朝食を購入
8:10 電車で会社へ
8:45 会社に到着。慌てて朝食を取る
9:00 始業
12:00 同僚と昼食 財布に優しいチェーン店
13:00 午後の始業
15:30 一服
20:00 終業
20:30 帰宅
21:00 テレビを見ながら夕食
21:30 片付けを終わらせて風呂
22:00 明日の予定を確認しつつ束の間の休息
00:30 就寝

続きを読む

さっき会社にズル休みの電話したら上司じゃなくて仲良しのKくんが電話出てくれたから言いやすかった

1: 2015/07/01(水) 08:32:53.007 et
よかった

5: 2015/07/01(水) 08:34:36.697 et
Kくん「上司さん、>>1がまたズル休みするみたいです」

続きを読む

ブラック企業とは違う「ハピネス企業」爆誕wwwwww

1: 2015/05/28(木) 13:31:53.67 ●.net BE:218927532-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
今回、「ブラック企業とハピネス企業の違いとは何か」というテーマで、
戦略的PRコンサルタントで放送作家の野呂エイシロウ氏と対談を行った。

鈴木 野呂さんにとっては、労働時間が長いことがブラック企業の定義ではないのですね。

野呂 そうです。僕自身、経営者でもあるけれど、1年で10日も休みを取らないです。
僕が付き合っている企業は、売り上げ20億円から数兆円の会社までありますが、売上高に関係なく、
伸びていて勢いがある会社は、社長をはじめ社員が猛烈に働いています。

ある大企業の社長は猛烈に働くことで有名で、役員が社長をつかまえて打ち合わせできるのがタクシーの中だったりします。
そういう会社は、現場の社員から経営陣まで本当に猛烈に働いています。社員は15分の時間も惜しんで、早歩きをし、
昼食を取ることも少なく、トイレに行く時間も惜しむほど働いているけれど、実に楽しそうです。
社長のことが好きで、役員のことが好きで、上司が好き、という雰囲気に満ちています。

鈴木 長時間労働だからブラック企業という、単純な見方ではいけないということですね。
先ほど“ゆるい”会社とは付き合いたくない、というお話がありましたが、“ゆるい”会社とはどんな会社でしょうか?

野呂 登山でたとえてみましょう。登山コースが整備されている高尾山に登るのは誰でもでき、そこそこ楽しいでしょう。
しかし、誰でも登れる山に登ったところで、大した喜びはないですよね。
エベレストを目指すレベルになると、楽しいという要素が少なくなって、厳しさが増してきます。
それでも登頂できれば最高の達成感が得られ、歴史にも名を残すことができます。

僕も多くの会社と付き合ってきましたが、“ゆるい”会社は一緒に仕事をしていても楽しくありません。
もっと売り上げを伸ばそう、もっと楽しい仕事をしよう、もっと給料を上げていこう、という欲がないのです。
つまり、欲がない会社は“ゆるく”なるのだと思います。そういう会社が、本当のブラック企業といえるでしょう。
逆に、ハピネス企業はプロの集まりであり、厳しさがあります。
だからこそ、自分たちが会社を維持しているという誇りを社員が感じていると思います。

http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_131951/

続きを読む

【動画アリ】定時で帰りづらい会社で定時に帰る方法

1: 2015/05/16(土) 22:06:03.60 ID:???*.net BE:287993214-2BP(1012)
sssp://img.2ch.sc/ico/u_sasu.gif
定時で帰りづらい会社で定時に帰る方法「ちょっとコンビニ行ってくる退社」を紹介します

no title


@yashi09さんのツイート(https://twitter.com/yashi09/status/599542504359329792?s=09)をチェック

続きを読む
スポンサードリンク
Amazon(ゲーム/マンガ)
Amazon(おすすめ)
アクセスランキング